読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【舞台探訪】『けいおん!』(定点観測):No.12 松ケ崎樋ノ上町 唯の家の近くの田畑

舞台探訪: けいおん!(定点観測)

当記事に掲載した『けいおん!』『けいおん!!』の画像は、著作権法32条に定める比較研究を目的としての引用であり、当該画像の著作権は全て、かきふらい芳文社桜高軽音部・TBSに帰属します。

更新履歴
2011/06/28 新規作成


■No.12 松ケ崎樋ノ上町 唯の家の近くの田畑(『けいおん!』第12話)

唯のザリガニ取り&和のレンゲ摘みの場所は、唯の家のモデルとなった住宅のほど近く、丁度、五山の送り火の「法」の字に向かって右斜め下辺りにあります。


キャプに合わせて写真を撮るとこのようになります。


ここは「法」の字の山裾(この山の反対側に宝ヶ池があります*1)の緑と、田畑の向こうに悠然と構える比叡山の優美な稜線がとても綺麗で、個人的には、修学院近辺に行く時は必ず立ち寄るお気に入りの場所です。周囲に高い建物がないので空が広く、また車道から離れていて車の音も聞こえず、ここだけ時間が止まっているかのような気配に包まれています。先のレンゲ摘みの場所は、周辺全体の写真で見ると以下の位置に当たります(※写真は拡大してご覧になれます)。

定点観測シリーズは、基本的に元の絵のアングルを忠実に再現することをモットーとしていますが、このNo.12に限り、もっと引いた位置から周辺一帯を捉えたカットにしています。そうすることで、唯がザリガニを取り、和がレンゲを摘んで遊んだこの地の長閑な空気を多少なりともお伝えできると思うからです*2


2010/09/11撮影   

2010/10/10撮影(15:25) 

2010/10/10撮影(17:10) 

2010/11/16撮影   

2010/12/31撮影   

2011/01/10撮影   

2011/02/26撮影   

2011/03/13撮影   

2011/04/10撮影   

2011/05/14撮影   

2011/05/28撮影   

2011/06/04撮影   

【舞台探訪・聖地巡礼の心得】
舞台として描かれる場所は一般市民の生活空間であることが多いため、現地訪問に当たっては、以下の各項目にくれぐれもご留意下さい。マナーと心配りをお忘れなく!


1.近隣住民の方々の迷惑となるような行動は慎むこと。
2.プライバシーの侵害となるような行為はしないこと。
3.学校や個人宅に無断で侵入しないこと。
4.撮影時の道路への飛び出しなど危険な行為はしないこと。
5.撮影が許可されていない場所の撮影はしないこと。迷った場合は関係者に撮影可否の判断を求めること。

*1:麓の松ヶ崎大黒天から法の字を登って山越えすることが出来ます。ただし勾配はかなり急なので注意が必要。

*2:小道沿いの小川はコンクリートで舗装されているため、実際にはここでザリガニは取れません。