読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【舞台探訪】『映画けいおん!』:京都市内の舞台背景ほぼ全部!

当記事は、『映画けいおん!』(2011年)に登場した背景の内、京都市内のカットに特化した取材記事です。

映画 けいおん!  (Blu-ray 初回限定版)

映画 けいおん! (Blu-ray 初回限定版)

本稿執筆中の現時点(2012/7/13)はまだ映画のブルーレイ(以下BD)およびDVDの発売前であるため*1、画面のキャプチャ(ハードコピー)を採取することが出来ません。従って比較画像は貼付しておりませんが、映画に登場したアングル・季節・時間帯・天候・日照角度・街路樹の葉の落ち具合etc.…それらを可能な限り再現した上で、映画の登場順に掲載していますので、映画をご覧になった方であれば物語を追体験できるような構成になっていると思います。※7/18(水)にDVDを購入しましたので、キャプを追加しました!


2011/12/3(土)上映初日の「MOVIX京都」の様子。グッズ購入の行列です。


思えばこれはキャプなしでどこまで再現度の高い撮影ができるのか?というちょっとしたチャレンジでもあったのですが、私は2011/12/3(土)の初映から2012/7/6(金)の「イオンシネマ久御山」の最終上映までの約7ヶ月間に通算81回この映画を観ました。そして鑑賞の度に記憶しておいた各カットの詳細をメモに描き残すようにしていたので、今回はそのメモ(=デッサン)がキャプチャの代わりを務めてくれました。オークションに出品されていたメモリアル・フィルムの画像を参考にするという手段もありましたが、気がついたら自分の描き残したメモで充分事足りるようになっていた訳です。まあ、これだけの回数観てたら、そうなりますよね。

私の手書きメモの一部。1月頃に記したもの。汚い字で恐縮です。右下は唯の部屋のコルクボードの図。


取材は映画公開直後の12月から断続的に進めて、特に劇中の時節と同じ2012年2月中旬から3月下旬頃にかけて集中的に撮影を行いました。仕事の都合上、基本的に土日祝日しか使えないので、その中で天候や日照条件まで合わせて撮るというのは思ったほど簡単なことではなく、結果的に4月以降も作業を継続し、この7月上旬になってようやくほぼ全てのカットを撮り終えることが出来ました。唯一、例外的にロンドン出発の朝の場面でマンション前に立つ梓のカットのみ、映画の予告編(PV)公開直後に撮影した写真(2011年9月上旬)を使用していますが、これは背景に描き込まれている京都市の「駐輪禁止」の看板が11月頃に新しいものに置き換えられてしまったため、当時の面影を残している写真がこれしかなかったという事情によるものです。


さて本題に入る前におさらいの意味で、手前味噌ではありますが「映画けいおん!」の舞台背景に関する私の過去の記事を改めてご紹介させて頂きます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
1.【舞台探訪】『映画けいおん!』:予告編(京都カット)


2.【小論】『映画 けいおん!』のキー・ビジュアルの背景がキングス・ロードである理由についての一考察


3.【小論】『映画けいおん!』のナビ番組で山田尚子監督の歩いていた場所は、JALの「けいおん!」ロンドンツアー宿泊先の目と鼻の先だった!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
1.は、予告編のPVが公開された当日の深夜に、自転車を漕いで現地取材してきた記事です。前述した梓のカットで過去の写真を使ったというのはこの件です。


2.は、映画のキービジュアルに関する考察記事で、この場所が背景に選ばれた理由を映画公開前に推測するという無謀な試みでしたが、幸いキーポイントとして文中で指摘しておいたヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)のショップ"World's End"が映画本編内に登場したことで、無事に面目を保つことが出来ました*2


3.は、映画公開の前日に突貫工事で作った記事です。今読んでみても大筋は外していなかったので安堵しました。ただしこの時点ではIbis Hotelのアールズコートの方がメイン舞台になるとは予想していませんでしたが・・・。ちなみに、この山田尚子監督のロンドン取材の様子を追ったTV番組はBD&DVDの初回限定盤に付録として収録されるそうなので、とても楽しみです。そういえば、あのJALのツアーって結局どうなったのでしょう?


なお映画に登場したロンドンのロケ地(およびブライトン、セブンシスターズ)や往路の飛行機の情報につきましては、以下の各ブログの記事がお薦めです。いずれも映画公開直後から取材を敢行された素晴らしい記事ばかりです。是非ご参照下さい。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
たちきちさんの「映画けいおん! ロンドン聖地巡礼Navi」
→「映画けいおん!」に登場したロンドン各地の聖地巡礼・舞台探訪に当たってのノウハウや現地情報を盛り込んだナビゲーション・サイトです。これからロンドンへ行って映画の舞台巡りを検討されている方は是非参考になさって下さい。お薦めです!


ゆっきーさんの「ゆっきーの散歩Blog」~映画けいおん!舞台探訪~
→成田空港に始まり、ロンドンから映画EDに登場したブライトン・ピア、セブン・シスターズまで広範囲に探訪されています。写真も映画のアングルとほぼ同じで、とても美しい!


こうへいさんの「Pilgrimage ‐巡礼‐」~映画けいおん!舞台探訪(JAL777-300ER機内)~
→映画でHTTの5人が搭乗したJL401便と同じ777-300ER型機は、実は国内でも乗れるのです!その予約から搭乗までの体験を綴っておられます。面白い!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


前置きが長くなりました。では『映画けいおん!』舞台探訪(京都篇)の写真をご覧下さい。写真の並びは映画の登場順(ストーリー順)です。
京都市内のカットはこれで全てですが、唯一、OPに登場した喫茶店(紀美さんのいるブックカフェ)のみ継続調査中のため、参考写真を掲載しています。


この記事が映画をご覧になったファンの方々にとって、またこれからBD&DVDで作品をご覧になる方々にとって、作品世界の舞台探訪・聖地巡礼の有用な手引きとなるようであれば幸いです。

当記事に掲載した『映画けいおん!』の画像は、著作権法第32条に定める比較研究を目的としての引用であり、当該画像の著作権は全て、かきふらい・芳文社/桜高軽音部・TBSに帰属します。

更新履歴
2012/07/22 SEQ04_09 叡山電鉄内の吊革の写真と【解説】を追加しました
2012/07/18 映画のキャプチャを追加
2012/07/16 新規作成


■探訪写真
MAP


より大きな地図で 映画 けいおん! を表示

地図は縮小表示していますので、必要に応じて上記の”より大きな地図で~”の後のリンク先をクリックして拡大して下さい。ブラウザがIEなら、アンカー上でマウスを右クリックして<新しいウィンドウで開く>を選択頂ければ、別ウィンドウが開くので便利かと思います。マーキングの番号は各SEQに対応しています。

各記事リンク先
■SEQ01 OP
■SEQ02 登校日の朝
■SEQ03 出発までの日々
■SEQ04 出発当日
■SEQ05 ロンドン滞在中
■SEQ06 帰国後
■SEQ07 卒業式当日
■SEQ08 「天使にふれたよ!」
■SEQ09 ラストシーン
終わりに寄せて。

【舞台探訪・聖地巡礼の心得】
舞台として描かれる場所は一般市民の生活空間であることが多いため、現地訪問に当たっては、以下の各項目にくれぐれもご留意下さい。マナーと心配りをお忘れなく!


1.近隣住民の方々が不審に思ったり迷惑となるような行動は慎むこと。
2.プライバシーの侵害となるような行為はしないこと。
3.学校や個人宅に無断で侵入しないこと。
4.撮影時の道路への飛び出しなど危険な行為はしないこと。
5.撮影が許可されていない場所の撮影はしないこと。迷った場合は関係者に撮影可否の判断を求めること。

*1:2012/7/18(水)リリース

*2:第1回目の鑑賞は実はこの点で内心ビクビクしていたのですが、"World's End"の逆回転時計が登場した瞬間、思わず心の中でガッツポーズを取りました。