読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【舞台探訪】『たまこまーけっと』:キービジュアル探訪(出町桝形商店街) ~空飛ぶ鯖

舞台探訪: たまこまーけっと

前回の記事(【舞台探訪】『たまこまーけっと』:版権絵探訪+考察 ~出町柳は萌えているか)の追加・補足です。写真も同日に撮影したものです。


12/13(木)未明に更新されたたまこまーけっと公式サイト、およびCM第三弾に登場したキービジュアルで、たまこを初めとする商店街の皆さんの向こうに「うさぎ山商店街」のアーケードの天井が描かれており、そこに京都出町桝形商店街のシンボル「空飛ぶ鯖」のオブジェがしっかりと描かれていました。

CM第三弾に登場したキービジュアル。ノンクレジットのファイルです。


そもそもこの魚、サバ or カツオのどっちなのか?という疑問があったのですが、出町桝形商店街さんに問い合わせしたところ、『京都精華大の学生さんが授業で作ったそうです。名前は一般公募したもので「若さばちゃん」だそうです。』との回答がありました。鯖街道に由来する「若狭」と「鯖」の合成語なのでしょう。ちなみに魚に詳しい人に言わせるとあまり鯖に似ていないそうですが・・・。


(上)前回の記事にも掲載した「若さばちゃん」。下のMAPのポイントから東向き(河原町通方面)です。
(下)キービジュアルの拡大図。若さばちゃん、ちょっと太め?


MAP

より大きな地図で アニメ『たまこまーけっと』舞台情報 を表示

地図は縮小表示していますので、必要に応じて上記の”より大きな地図で~”の後のリンク先をクリックして拡大して下さい。ブラウザがIEなら、アンカー上でマウスを右クリックして<新しいウィンドウで開く>を選択頂ければ、別ウィンドウが開くので便利かと思います。



これで『たまこまーけっと』のメイン舞台「うさぎ山商店街」は、アーケードの内外共に京都出町柳の出町桝形商店街がモデルであることが確定できました*1。もっとも個々の店舗や周辺地域のビジュアルはまだ発表されていませんので、その部分については依然として不明です。ただし今作は最初から"京都を描く"と明言している以上、従来の京都アニメーションの作品に顕著な「まったく別々の(別の都道府県の)場所をパーツとして集めて合成する」というモンタージュ的手法は影を潜めるのではないかと個人的には考えています。

若さばちゃんは女の子でした。つぶらな瞳!口紅!

後ろから失礼。悠然と泳ぐ若さばちゃん。先の写真とは反対に東から西(寺町通)へ向いた図です。


(2012/12/13 記)

*1:商店街の総称は「出町桝形商店街」ですが、これは東の河原町通、南の今出川通、西の寺町通に囲まれたエリア全体を指し、その中でも東西を中央に貫く桝形アーケードの通りを特に「桝形商店街」と言います。