読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

test

・firestorageの使用方法
当該オンラインストレージサービスは、複数のファイル一式をアップロードして、そのURLを相手に伝えることで画像ファイルなどをまとめて提供できるサービスです。

Twitterアカウントがあればすぐに使える無料サービスで、設定した期間内であればいつでも何度でもダウンロードできますし、URLをDMやEメールで送る際にパスワード設定もできますので、送り先の相手以外の他の人が画像ファイルを閲覧することはできないという意味でセキュリティも保たれています。


【ログイン方法】
1.トップメニュー http://firestorage.jp/ をクリックします。

2.画面右下の「会員登録をする」の赤いボタンをクリックします。

3.無料会員登録の画面が表示されるので、「もしくは、下記のIDをお持ちであればログイン可能です」の中の「Twitter IDでログイン」をクリックします。

4.「firestorage.jpがあなたのアカウントを利用することを許可しますか?」と聞いてきますので、「連携アプリを認証」をクリックします(TwitterのID/パスワードの入力が必要な場合もあります)。

5.アプリケーションに戻った後、firestorage簡単ガイドが表示されたら、そこで使い方を確認して下さい。


【ファイルのダウンロード方法】
※ここでは相手から自分宛てに送られたファイルを取得する際の手順について説明します。
6.TwitterのDM、もしくはEメール等で送られてきたURLをクリックします。firestorageの画面が開いて、「このファイルへのコメント」が表示されます。アップロード時にメッセージが入力されていれば、その言葉がここで表示され、その下にZIPファイルの中身の一覧が表示されます。確認したら「ダウンロードページを表示する」をクリックします。
ここでパスワードの入力を要求されたら、所定のパスワードを入力して「送信」ボタンを押して下さい。

7.「ファイルのダウンロードが可能になりました」「上記ファイル名をクリックしてダウンロードを行ってください」と表示されますので、ファイル名をクリックして「開く」を押下してください。「保存」でも構いません。

上記メッセージが表示されているのにファイル名が表示されない場合は、一度画面を閉じて再度URLをクリックして下さい(タイミングによってうまくファイルが展開されないことがあるようです)。「このファイルへのコメント」の中にZIPファイルに格納されている元の各ファイル名が個別に表示されていれば、ダウンロ−ドファイルも表示されるはずです(2014-01-05-14-01-32.zip のようなファイル名です)。

8.zipファイルが解凍され、内容を表示する画面が開きます(PCの画面左下に最小化されていることもあります)。画面のzipファイル直下にあるfirestorage.jpフォルダをクリックすると、圧縮前の元のJPGファイルが展開されますので、これらをPCの所定のフォルダへコピー&ペーストすれば作業完了です。


【ファイルのアップロード方法】
※ここでは自分から相手にファイルを提供する際の手順について説明します。
9.トップメニュー http://firestorage.jp/ をクリックし、「会員登録をする」→「Twitter IDでログイン」→「連携アプリを認証」を順にクリックしてログインし、画面左端の「会員メニュー」の一番上にある「アップロード」をクリックします。

10.アップロード方法は「送信用アップロード」を選択します。通常は前項9.の「アップロード」をクリックした直後、「送信用アップロード」の設定画面がデフォルトで表示されているはずですが、もしそうでない場合は、画面上段の「送信用アップロード」を手動でクリックして下さい。
 
11.ここでファイルを相手に送るためのURLを発行します。設定項目の一番上にある「保存期間」で、相手がダウンロードできる期間を設定します。設定した期間を過ぎるとファイルは自動的に削除されてダウンロードできなくなりますので注意して下さい。

「メッセージ/本文」の欄は、相手に伝えたい留意事項などのメッセージを入力することが出来ます。

「ダウンロードパスワード」の欄にパスワードを設定することで、セキュリティレベルを高めることが出来ます。

最後の「まとめ機能」の項目は、プルダウンメニューから「ZIPファイルにまとめる」を選んでください。まとめると以下の通りです。

・保存期間    →「保存期間**日間(**は任意)」を選択する。
・メッセージ/本文 →相手に伝えたいメッセージがあれば入力する。
・ダウンロードパスワード →ZIPファイルにパスワード設定する場合に入力する。
・まとめ機能   →「ZIPファイルにまとめる」を選択する。

この他の項目を変更する必要はありません。

12.画面中央下の「アップロード」ボタンをクリックすると、「ファイルを開く」のウィンドウが開くので、フォルダの中からアップロードしたいファイルを選択します。複数の画像ファイルを相手に送付する場合は、ファイルを範囲指定してください。
 
なお無料会員がアップロードできるのは、元のファイルのサイズは一つにつき最大250MBが上限で、かつ、ZIPファイルに格納できるのは最大20ファイル、2GBまでアップロード可能です。

13.ファイルの選択が完了したら「開く」をクリックして実行します。すぐに「アップロード」ボタン下のインジケータで圧縮の進行状況が表示されます。

ZIPファイルへの格納数や圧縮後のサイズがオーバーしている場合はエラーが発生します。その場合は、処理を分割して複数個のアップロードファイルを作成して下さい。またファイルの数や容量に問題がないにも関わらず、実行エラーが発生するようであれば、一度「送信用アップロード」をクリックして、画面をリロード(初期化)してから再実行してみて下さい。

14.「アップロードが完了しました」とメッセージが表示されたら、表示されているURLをコピーして保管しておいて下さい。これが相手に伝える格納先URLです。TwitterのDM、もしくはEメールに添付して相手に伝えて下さい(パスワード設定した場合は、パスワードも合わせて伝えることをお忘れなく)。


以上